誰かの日常

どっかの誰かが考えていること。どっかの誰かが悩んでいること。どっかの誰かが生きていること。脳内で生成させる誰かの日常を切り出した永遠の中二病ブログ

syamu_game復活

 

どうも。
もうすぐ1年が終わり、さらには平成まで終わろうとしている中、一つの伝説が始まろうとしていた。

事の発端は今年の夏に見つけた一つの動画だ。
検索で《ぺんけつま◯こーち○ぽーペン》(◯は全部“ん”)と打って欲しい。
とんでもない動画が出てくる。

元ネタも分からないままゲラゲラ笑っていると、関連動画の中に似たような動画を見つけた。
《ゼロオカピーポーピーポーゼロ》という動画があった。
URL→ https://youtu.be/cz-qlUSPhfg
正直そんなにおもしろい動画じゃなかったけど、動画の節々のフレーズに微量の面白さと、旧時代を感じて元ネタを検索した。
そして1人の男に行き着いた。

その男がそう───後に伝説となるsyamuさんである。

彼は……そうだな。死んでから伝説になったという表現が正しいだろう。
備忘録から語ろう。彼の歴史を。

2004年からネットで様々な活動を始め、2010年の夏からニコニコ、YouTubeに動画を上げ始めた。が、どの動画もさほど伸びず、平均再生数は30ほどだった。
2011年、ゲーム実況を開始し、《ドラえもんのび太のbiohazard》から始まり、様々ゲームの実況を始める。
それから2013年まで順調に登録者数と再生数を伸ばし、動画で得た収益でWiiやデジカメを購入。2014年に顔出し動画を配信するようになった。
自宅の紹介や、商品紹介、オリジナルメニューの作成、旅行先の実況などをしていく。この頃の彼は2010年の時とほぼ変わらず、ほとんど人気はなかった。
同年5月ごろ、彼はオフ会を企画する。
そしてこれが《オフ会0人》という伝説を生んだ。

これは彼が伝説になるまでのほんの一部でしかない。

それからもネカマに何度も引っかかり、それをリークされプチ炎上。
YouTuberのシバターさんとコラボ。
などなど、荒波に揉まれに揉まれて謎の引退。
同年クリスマスに今回のタイトルである《syamu_game》が投稿され始め、2015年にかけて一部界隈でsyamuブームが爆発。

語ればきりがないが、彼はなかなかに《変わった人》だ。
見ていて不快に思う人もいるだろうし、ただただ嘲笑うためだけに見ている人もいるだろう。僕もどちらかといえば後者だった。

復活を望んでいたといえば嘘になる。
伝説は伝説のままでいて欲しかったからだ。

そんな彼が2018年12月18日18時。YouTubeライブ配信
その日のうちにチャンネル登録者10万人、配信動画は25万再生を達成。恐らくYouTuber最速で《銀の盾》を獲得した。
2016年12月17日に引退し、2018年12月18日に復活。

死んで伝説になった男が復活してさらなる伝説を作る。
【新章、syamu_game】今後が楽しみです。

伝説が幕明けたsyamuさんのチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCndPTRRme85svqTEhT14-Iw

それでは。