誰かの日常

どっかの誰かが考えていること。どっかの誰かが悩んでいること。どっかの誰かが生きていること。脳内で生成させる誰かの日常を切り出した永遠の中二病ブログ

本に興味がない貴方へ③

どうも。

 

まだお読みでない方は

本に興味がない貴方へ②を読んでから

お読みください!

 

www.hokuto0606.com

 

それから数年の月日が経ち、現在。

4月で退職した通信業から

不動産の仕事に就くわけですが

お世話になっている先輩の伝で

事前に社長と話をする機会を

2回もいただきました。

 

1回目は定食屋さんで

お昼をご馳走してもらい

2回目は14時から25時まで呑んでいました。

 

後日、面接と適性検査を受けて

無事合格。

17日に社長からメッセージが

入りました。

 

「渡したい本があるので

 19日の17時から本社に来て下さい」

 

言われた時間に行くと、

社長が駐車場に待ってました。

社「ほっくん、久しぶりだね」

帆「お久しぶりです」

その日は雨が降っていたので

本社の車庫でお話をしました。

 

スポンサーリンク

 

 

「あ、そうだ。渡したい本なんだけど」

そう言いながら社長は1冊の本とCDーROMを

机の上に出した。

「これ、読んでみて欲しいんだ」

社長はそう言って笑った。

内心、嫌だった。

1回目のご飯の際に

「本を読むことは無意味だ」と

社長に宣言したからだ。

渋々受け取ると、社長は笑いながら

「まぁ、この本を読んで”答え合わせ“をして欲しんだ」

そう言われた。

 

答え合わせをしてほしい。

この言葉が私の本への認識を大きく変えました。

 

本に興味がない貴方へ④に続きます。

→執筆中 近日中に更新予定